新しいカフェのかたちとは。-和風カフェ・古民家カフェの魅力に迫る-

「和風カフェ」と聞いてどのようなイメージを持ちますか。おしゃれというよりはおばあちゃん家みたいなアットホームな雰囲気があるのかな。とか、急須にコーヒーでも入れて出すのかな。イメージだけが先行して行ったことが無いという人が大半でしょう。

今回はタイトルのように和風カフェ・古民家カフェの魅力について書こうと思います。大きく分けて以下の2つの特徴があります。これを読んで、皆さんに興味を持っていただけたら幸いです。

すぐに馴染める

普通のカフェとは異なり、演出された雰囲気が和風カフェにはないのが大きな特徴です。そのため五感全てで馴染むことができ、日本人の古き良き心を想起させてくれます。また、普通のカフェは非日常として存在していますが、和風カフェは「日常の一部」として生活に組み込まれてるという点が大きく異なるポイントです。つまり、日常の延長線上に、ドアを開けても変わらぬ日常が広がっているのが和風カフェです。

ある人は、「客人に見せるための内装ではなく、住む人たちのための内装」と古民家カフェを評価しています。だからこそ、自分もそこに住んでいるかのような雰囲気に包まれて落ち着くのだそうです。

洗練された日本料理

京都のある和風カフェでは、わらび餅やおしるこ、抹茶などずっと前から日本にある食を提供しています。また、コーヒー同様にお茶も茶葉から器まで奥が深いものとなっています。日本の四季が生み出した季節の食材を用いた料理は格別でしょう。今では和スイーツ、日本茶専門店など、個性豊かなお店がたくさんあります。

最後に

そもそも、日本においてカフェは江戸時代にオランダからコーヒーが持ち込まれたことが最初だと考えられています。また、喫茶店は鎌倉時代からあり、当時は茶を提供していましたが、歴史の中でこの2つは一緒に考えられるようになったそうです。

和風カフェはこのような日本の歴史を感じさせてくれる場所だと思います。普通のカフェは雰囲気を楽しんだり、甘い洋菓子を食べることがメインです。一方で、和風カフェはた時を過ごすだけでも満足できると思います。昔にタイムスリップした感覚で、徒然なるままにゆっくりしているという体験は現代ではなかなか味わえないことでしょう。それは身近にある日本を感じさせてくれる場所ではないでしょうか。

日常の喧騒から離れて和風カフェで一息。そんな日を過ごしてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です