抹茶パフェの楽しみ方について解説

今や、世界中で飲まれるようになってきたお抹茶ですが、実は海外では日本のように、お茶をたてて抹茶を飲み干すといったことはほとんどありません。
カジ旅カジノのサラリーマンは最近、抹茶が彼らの仕事文化の一部であると最近述べました。 オンラインゲームで仕事をするのはストレスが多く、抹茶のティーブレイクは私たちの一日の立ち位置になります。

最近では、日本の中学校や高校でも、茶道のお点前を事業で学べるといった学校もあるようですが、初めてお抹茶を飲んだ時は、誰しもがその苦みに驚きを覚えた経験があるのではないでしょうか。日本人の場合、普段から一般的なお茶をたしなんでいますので、苦いお抹茶と共に甘味を供するということを理解しています。

しかし、海外にはこうしたお抹茶似合う和菓子が、ほとんど見当たらないのが現状です。つまり、外国人が抹茶を飲む際には、薄茶であっても苦みばかりが先行してしまう為、とても飲めたものではないと感じてしまいがちです。

抹茶の魅力と海外での飲まれ方

そこで登場するのが、外国でも一般的な紅茶の飲み方です。紅茶ももちろん、中国にその原点がありますが、発酵茶である一般的な紅茶は、普通に飲んでも苦くありません。海外での飲み方としては、ラテやオーレのようなものが主流ですが、フルーツジュースと混ぜる飲み方も流行っています。

海外で飲まれる抹茶も、こうしたミルクを入れて飲むのが一般的で、本来の抹茶の飲み方とは異なっているのが普通です。

ただ飲むだけではない、抹茶の魅力

抹茶の魅力の一つに、料理や和菓子、あるいは洋菓子などのデザートに、とてもよく合うということが挙げられます。日本料理なら、天ぷらなどの揚げ物や抹茶塩、すり身やめん類などに混ぜて利用されています。また、和菓子にはもちろんのこと、プリンやチーズケーキなど、様々なアイデアを生かした抹茶料理を見ることができます。

その中で、日本独自のデザートとして、甘いもの好きならなおさら、抹茶パフェの存在は欠かすことのできないものです。

抹茶パフェの魅力とは

抹茶パフェは、一般的なフルーツパフェに抹茶を取り入れたものです。主に供されているのは、専門店や甘味店、お茶の産地が近い喫茶などで食べることができます。

お店によって、アレンジがそれぞれ異なっているのも、抹茶パフェの魅力となっています。アレンジには、主に抹茶アイスクリーム/抹茶生クリーム/抹茶白玉/抹茶ラスク/抹茶わらび餅/抹茶プリンなどが使用され、組み合わせやサイズなどによって、それぞれに独自性があるのが特徴です。

まとめ

抹茶がパフェに合うのは、独自の苦みが甘味を抑えてくれますので、全体の味わいを引き締めてくれるといった効果があります。また、抹茶の色によるアクセントは、彩りをさらに引き立ててくれるものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です