抹茶の魅力を解説

今や、世界中で供されるようになった抹茶の魅力は、外国人の間でも受け入れられやすくなってきています。そこで、日本独自の文化である抹茶の魅力を解説する前に、お茶の歴史を学んでおくのが、日本人としての最低限のマナーと言えるでしょう。

日本茶の歴史をひもとく

お茶の歴史は、紀元前の古代中国までにさかのぼることができます。紀元前一世紀頃の、漢の時代に編纂された医学書「神農本草経」には、お茶の記述があり、そのほかの文献にも同様の記述がみられることから、当時すでにお茶が珍しいものではなかったということがわかります。

日本に、このお茶が入ってきたのは、今から1300年以上も前の奈良時代から平安時代と言われており、遣唐使や留学僧によってもたらされたとされています。

もちろん、当時の茶は大変貴重なもので、僧侶や貴族階級など、限られた人物だけしか口にする事はできませんでした。お抹茶は、日本独自のものと思われがちですが、これも当時の中国から伝わったもので、臨済宗の開祖である栄西がお茶の種とともに日本に持ち帰ったとされています。

日本独自のお茶文化が花開く

茶の湯が後世に盛んになったのも、こうしたお茶の飲み方や作り方が、日本に定着していったことによるものです。当時のお抹茶は、僧侶の間で座禅の眠気覚ましとして用いられていました。

また、薬としても重宝されていたもので、当時の鎌倉幕府・源頼朝に献上されたことにより、武家社会にも広く知られるようになっていきます。

お抹茶といえば、千利休を挙げる方も多いとは思いますが、茶の湯が全国に知られるようになったのも、堺の商人の尽力によるものが大きいと言えます。また、織田信長や、のちの太閤秀吉など、茶の湯を確固たる地位に押し上げた人物の一人だと言えるでしょう。

日本独自のお茶が作られ始めたのもこの頃で、釜炒り製法や碾茶製法が工夫され、さらに新しい煎茶製法となる蒸し製法が、生み出されることになりました。さらに、最上級の玉露の開発や、現在でも庶民のお茶である玄米茶やほうじ茶なども登場していきました。

まとめ

お抹茶の魅力は、禅の心にも通じるもので、お点前による思いやりやおもてなしの心は、身分の垣根を超えるものです。現在でも長く愛されている理由としては、味云々といったよりも、こうした作法や文化が皆さまの心を魅了してやまないといった部分が大きいものです。こうした抹茶の文化は、日本人としての心や拠り所を、再確認させてくれるものでもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です